和漢処方のお通じ改善薬 help regulate bowel

百毒下しは、漢方の「大黄甘草湯」をベースに、百毒下し独自の生薬4成分を加えた翠松堂製薬オリジナルの
便秘気味のお通じの状態を改善する 和漢処方のお通じ改善薬です。
お通じ効果のある異なる複数種類の生薬を、それぞれ敢えて少量ずつ配合することで、便秘ぎみのお通じを
ふんわり優しく自然にサポートします。そのため、身体に負担を掛けず、繰り返し飲んでも癖になりにくい処方です。

  • お腹にやさしく、しっかり効く
    お腹にやさしく、
    しっかり効く
    腸の一部ではなく、全体に働きかけるので、しっかりと自然なお通じを促がします。
  • クセになりにくい
    クセになりにくい
    耐性を生じにくくするため、6つの生薬を組み合わせています。
  • 便秘に伴う、肌あれ・吹き出物にも
    便秘に伴う、肌あれ・吹き出物にも
    お通じを促がすだけでなく、便秘に伴う、肌あれ・吹き出物も改善します。

翠松堂製薬オリジナルの
和漢処方
original product of suishodo

6つの有効成分中、「ダイオウ」「エイジツ」「アロエ」「ケンゴシ」の4成分が腸の機能を助けお通じを促す成分、
「カンゾウ」が急峻な薬効発現をしっかり抑制緩和し、腹痛などの副作用を抑える成分、
「サンキライ」が肌荒れ・吹き出物などに効く成分です。

  • ダイオウ(大黄)
    ダイオウ(大黄)
    ダイオウ」はタデ科の植物の根茎部分を粉末としたもので、アントラキノン系の成分をはじめとしたとした複数のお通じを促す成分と共に、それとは反対に便秘を引きおこす作用のあるタンニン成分も含みます。これが天然生薬の妙力であり、単一の化学成分では得られない複合的な効果で人体の持っているお通じ力をうまく引き出します。お通じ効果の他にも、健胃や抗炎症効果もあるとされます。
  • エイジツ(営実)
    エイジツ(営実)
    エイジツ」は営実と書き、山野に自生する野ばらの果実(又は偽果)の部分です。ムルチフロリンという成分がお通じ効果を示すことがわかっています。
  • アロエ(蘆薈)
    アロエ(蘆薈)
    アロエ」は鑑賞用の植物としても有名なあのアロエです。葉肉部分から得た液汁に薬効があり、アリストテレスの古代ギリシャ時代から民間薬として利用されてきています。バルバロインといいう成分がお通じ効果をもつことがわかっています。
  • ケンゴシ(牽牛子)
    ケンゴシ(牽牛子)
    ケンゴシ」はみなさんがご存じのアサガオ(朝顔)の種子です。漢字で牽牛子と書きます。ファルビチンが主薬効成分といわれ、お通じ効果を示します。
  • カンゾウ(甘草)
    カンゾウ(甘草)
    カンゾウ」は甘草と書き、古代ギリシャの時代から世界各地で用にいられ、日本には奈良時代に遣唐使により伝えられています。鎮痛・鎮痙作用など、それ以外にも多くの薬効があり古くから利用されてきています。
    百毒下しには、他の配合成分のお通じ作用の効き過ぎにブレーキを掛け、効き目をマイルドに抑える目的で配合されています。
  • サンキライ(山帰来)
    サンキライ(山帰来)
    サンキライ」はサルトリイバラの地下茎部分で、別名ドブクリョウ(土茯苓)といいます。
    慢性皮膚疾患の改善薬としても用いられ、アスチルビンが主要成分です。漢字で山帰来と書きますが、その由来には諸説あるものの、「皮膚病に侵された若者が山に捨てられたところ、サルトリイバラの根で治癒し、山から帰って来た」という話が伝えられています。
    百毒下しには、便秘に伴う皮膚疾患(肌荒れ・吹き出物)に効く成分として配合されています。